まとめ

【クマ縛り】クマがストーリー内で大活躍している映画作品5選をご紹介!

映画をたくさん見ていると、ふと思うことがありました。

意外とクマが出てくる作品が多いな

そこで今回は、クマ縛りで映画を5作品を紹介していきます。

記事のポイント
  • 洋画の中で、クマが活躍している作品を知ろう

ネタバレは一切、ございません。

  1. パディントン
  2. テッド
  3. レヴェナント:蘇りし者
  4. 俺たちダンクシューター

クマが活躍している映画作品のリストです。

そもそも『パディントン』や『テッド』はクマが主人公であり、映画の最初から最後まで画面のどこかにクマがいます。

でも両作品には、大きな違いがあります。

  • パディントン=全年齢
  • テッド=大人向け

といった感じです。

それでは、映画『パディントン』から見ていきましょう。

『パディントン』のあらすじ

『パディントン』はクマのかわいさだけではなく、「家族仲の再生」が作品の軸としてあります。

ただパディントンのクマのかわいさは破壊力バツグンです。

家でも外でも暴れ放題のパディントンですが、性格が良く、人望があります。

パディントンが様々なトラブルに巻き込まれても、周りの人が協力してくれて、困難を突破していきます。

作品名パディントン
監督ポール・キング
公開日2016/1/15
上映時間95分
メインキャストパディントン(くま)

 

▶こちらも読みたい:【必見】絵本から誕生したくまの『パディントン』は映画もかわいく、面白い

『テッド』のあらすじ

命が宿って、しゃべりまくるテディベアのテッドと、自立しきれていない中年男は親友でした。

このコンビが、次々と問題を起こしていくストーリーであり、コメディタッチが強い作品です。

作品名テッド
監督セス・マクファーレン
公開日2013/1/18
上映時間106分
メインキャストマーク・ウォールバーグ

テッドが大人すぎるために、R15指定がついています。

『テッド2』のあらすじ 

テッド2』では、なんとテディベアが結婚してしまいます。

ただテッドはクマです。人権がありません。

当然、色々と揉めだして……?

作品名テッド2
監督セス・マクファーレン
公開日2015/8/28
上映時間125分
メインキャストマーク・ウォールバーグ

他にも、クマが子どもを作ろうとして色々な悪巧みをしています。

『テッド』の裏話

「ヤフー知恵袋」では『テッド』に関して、こういう質問が目立っています。

『テッド』というくまの映画は、なぜR15になっているんですか?

A.『テッド』の予告編を観れば、理由が分かります。

クマのテッドが、人間の欲望のまま生きているため、R15指定になってしまいました。そのため、『テッド』シリーズは、家族みんなで鑑賞するタイプの作品ではありません。

悪しからず。それでも、『テッド』のキャラは抜群です。

『レヴェナント:蘇りし者』

狩猟中に死にかけるほどの重傷を負ったハンターが、自分を荒野に置き去りにした仲間に復讐(ふくしゅう)するために必死に生きていくストーリー。

自然光のみで撮り上げた、あふれ出る臨場感あふれるシーンにも注目な作品。

野生のクマも登場します。

作品名レヴェナント:蘇りし者
公開日2016/4/22
上映時間156分
メインキャストレオナルド・ディカプリオ
クマ溢れる野性味・躍動感

圧倒的な自然が、『レヴェナント:蘇りし者』にはあります。

大自然が映画内で表現されていて、俳優の好演にも要注目です。

『レヴェナント:蘇りし者』で登場する野生のクマは怖い

『俺たちダンクシューター』

1970年代、アメリカのプロバスケットボールリーグ「ABA」は、ルール無視のハチャメチャな試合で観客を呼んでいました。

そんなチーム「フリント・トロピックス」の主役は、ジャッキー・ムーン(ウィル・フェレル)です。

ジャッキーはオーナー経営者に選手までこなしていた。まさにチームの顔であるけれども、成績は万年最下位。

ある日、「フリント・トロピックス」が所属するABAリーグは解散が決められ、上位4チームがNBAに吸収されることになり……?

作品名俺たちダンクシューター
チーム人気を上げるためにクマが登場
公開日2008/3/7
上映時間99分
メインキャストウィル・フェレル

NBAリーグは実際にあるけど、ABAリーグはありません。

『俺たちダンクシューター』とクレイ・トンプソン

2018年のハロウィンの仮装で、NBAスタークレイ・トンプソンが『俺たちダンクシューター』の主役であるジャッキーの格好で現れたなんて話もあります。

最高のスポーツコメディです。

頭を空っぽにして鑑賞すると、最高に楽しめます。

まとめ

以上、クマがストーリー内で大活躍している映画作品5作品を紹介しました。どれもこれもクマが画面内に隈なく登場しています。

『テッド』や『パディントン』はクマそのものが主人公です。また、『俺たちダンクシューター』もある意味、クマが大活躍しています。

クマのかわいさに、映画から癒やされること間違いなしです。なお『テッド』シリーズはぜひ予告を観てから、鑑賞するか止めるかの判断頂ければ幸いです。

※今回紹介した映画は、U-NEXTの無料トライアルで観ることができます。

 ◆31日間無料トライアルの特典◆
見放題作品が31日間無料で視聴可能(更に600円分のポイントもらえる)

▼登録・解約も簡単

※31日間以内に解約で完全無料です

(※本ページの情報は2022年2月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトでご確認ください。)

ABOUT ME
とけい
映画大好きライターの「とけい」です。